乾燥でシワが刻まれる前に!プラセンタとサイタイが効果的な理由

40歳を過ぎたら肌の老化は止められません。今、注目のアンチエイジングに欠かせない美容成分情報をご紹介します。

首のイボに種類があるってホント?

年とともに、首のイボが気になりませんか?

小さなボツボツやイボができると、ちょっとショックですよね?

 

実はイボには種類があるのを知っていますか?

 

イボは2種類ある

実はイボには、2つの種類があるんです。

 

【老人性のイボ】
年齢を重ねると発生しやすく、摩擦や紫外線による肌のダメージが原因です。

40代以上に多く見られます。
老化や加齢とともにできてしまい、首や顔が発生しやすい場所です。
病院に行かなくても、自宅のケアで改善することができます。

 

【ウイルス性のイボ】
ウイルス性のイボは、擦り傷などの傷口や湿疹などから感染します。

ヒトパピローマウイルス(HPV)という菌が原因です。
人に移ったり、他の部位にも感染する可能性があります。
老人性イボと違って自宅でのケアは難しいので、病院に行って治療してもらいましょう。

 

このようにイボには種類かあります。

 

首にできるイボは老人性なので、病院に行かなても市販のクリームなどで改善できます。

 

⇒ 【首のイボ】原因を知らないと怖い!安全で確実取る方法とは?